FC2ブログ
ブログ記事のタイトル

HERMES Ⅱ - HERMESカラーは美しい鳥から?何の香りが合うかしら

ブログ記事のタイトル

201306_scarf1-3.jpg  

HERMES
は馬具商としてティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)により、1837年に設立されました。
日本では一番スカーフがポピュラーなアイテムとしてとても愛されていますよね。

HERMESのスカーフの図柄はシリーズによりコンセプトが違い、発色とか色使いの原点はその年のテーマにより様々だとしても、美しい色が重なり合い、あのHERMESカラーとなっています。

昨年の雑誌-HERMESのカタログを開いてみると色々な国のそれは美しいのフォトグラフィーが載っていました。その一部をPhotoでご紹介いたします。

201306_bird03-2.jpg 
201306_bird01.jpg 201306_bird02.jpg 201306_bird05.jpg 201306_bird06.jpg 201306_bird07.jpg 
雑誌-HERMES  

本当に美しい発色で、天然の羽根毛の素晴らしさにウットリです。
私用のHERMESのスカーフの中に、このたちの羽根毛を重ね合わせた様なカラーと図柄のスカーフが見つかりました

こんな感じで毎年のテーマとコンセプトで様々な国の何かの色や素材がHERMESのスカーフを美しく飾っているのだと・・・・。

このスカーフはきっとの羽根毛色かしらと思いをはせ、が大好きな私は、一昨年の秋には、羽根毛をフワァ~と肩に置いた様で、少々の気分で上機嫌

201306_kelly.jpg
Kelly Calèche/HERMES
(Eau De Parfum)

ちなみに、一昨年の秋から愛用しているこのスカーフには、HERMESのKelly Calèche[ケリー カレーシュ]と言って、Top Note(一番始めに香る香り)Osmanthus[オスマンサス](金木犀)の香りがする、大人の可愛らしさを漂わせるこの香りを付けます。
街の中に、清々しさと、可憐な香りで、初秋の訪れを知らせてくれる金木犀の香りは、誰にとっても、懐かしく、愛される、甘酸っぱい香りは、思わず郷愁に誘われてしまいます。
そんな香りのするHERMESのKelly Calèche[ケリー カレーシュ]です。

★ Blogの更新はFacebookでお知らせしておりますので是非Facebookページもご覧下さいませ。 天田 圭子



当ブログの内容は日本国著作権法により保護されています。サイトおよび画像、文章等の構成要素の複製、盗用、転載を禁じます。
ブログ中に例として挙げられている香料や化学物質の知見は、特に注記のない限り天田個人の見解です。

Diamondとは?文章中のダイアモンドについて
最高の輝きを持つダイアモンドも原石は全く輝いていません。
原石を磨いて磨いて磨いて磨き続けるとあの美しいダイアモンドの輝きになる様に。
流されてしまう毎日を送る私達も、自分の中の原石を磨く毎日を送る努力と気づきと実行こそが私達の中にある一粒の光るダイアモンドになると!
ブログではこの意味を「今日もダイアモンドな貴方で」をモチーフに、皆さんの中のダイアモンドを輝かせて欲しいと願い、この言葉を投げ皆さんぜひご一緒に「今日もダイアモンドな貴方で」輝く毎日にして下さい。
ブログ記事のタイトル

HERMES Ⅲ - HappyBirthDay Red Rose & HERMES Calèche

ブログ記事のタイトル

201306_amada.jpg
 

私事で大変恐縮です・・・・
今年3月で60回目のバースデーを迎えました。昔からなぜか60歳を迎えるのがとても楽しみでした。

やっぱり 毎日が幸せ,うれしい,絶好調
そんな私に古くから在籍の生徒さんたちがBirthDay Partyを「ジョエルロブション」にて開いてくださり、深紅の美しい薔薇をいただきました。最高な1日を過ごすことができ、私は本当に幸せです。

22歳で香りの世界に興味を持ち、調香を始めたいと思ったのも何を観ても聞いても触れても、すべてその香りが基準となり私の感性が出来上がりました。

その香りに出会ってから私の香りの道がスタートして今につながっています。
けれど32歳でこの香りを卒業したと思ってしまい、付けなくなりました。
それから約28年間「次の新たな自分の香り」を探し続けてきましたが、これぞと思う、次の香りにはずっと出逢えませんでした。
BirthDay PartyではDiorのドレスでしたので、今年のDiorの限定のEau De Toilette・Escale a Portofino[エスカル ア ポルトフィーノ](北イタリアの避暑地の香り)に決めましたが、60年目からのマイフレグランスとは?と、ふと考えると、やはりHERMESが気になる

  201306_cal2-3.jpg 201306_cal1.jpg
Calèche/HERMESCalècheパッケージ

Every Day Fragranceとしての HERMESから新しくリリースされたパウダリーな大人のスイートピーの香りJour d'Hermes[ジュールドエルメス](エルメスの一日)の香りもとても気になり、優しく上品ですが、私には高貴すぎるかもしれないなどなど迷い、HERMES Lineの香りを、ほとんどムイエット(香りを試すペーパー)に付け、端から香りをみていくとピタッとある香りで手が止まりました。
「これ、すごくいい香りステキ」と思った香りはとても懐かしく、いつでも私を後ろからほんの少し前へ進めてくれる、私を一本の間違いない道を通してくれた22歳で出逢ったHERMESのCalèche[カレーシュ]でした。

  201306_dior.jpg  201306_jour.jpg
Escale a Portofino/
Christian Dior
Jour d'Hermes/
HERMES

こんな素敵な香りなのになぜ卒業なんて思ってしまったのでしょう。
私の60歳から、これからの人生の友としてず~っとCalèche[カレーシュ]は優しく寄り添ってくれる香りの妖精で、28年間のブランクもなく今日も私を後ろから少しだけ前へ進めてくれています。

私事で恐縮ですが、ぜひCalèche[カレーシュ]と古くから支えてくださる生徒さんからのお気持ちなど、ブログに残しておきたく関連Photoたちの一部を載せてみました。

201306_party01.jpg201306_party03.jpg201306_party04.jpg
201306_party05.jpg201306_party06.jpg201306_party07.jpg
201306_party08.jpg201306_party10.jpg201306_robu12.jpg

本日も最後までお読みいただきました皆様のお陰を持ちましてDiamondな一日を過ごせました。

心より御礼申し上げます。

★ Blogの更新はFacebookでお知らせしておりますので是非Facebookページもご覧下さいませ。 天田 圭子



当ブログの内容は日本国著作権法により保護されています。サイトおよび画像、文章等の構成要素の複製、盗用、転載を禁じます。
ブログ中に例として挙げられている香料や化学物質の知見は、特に注記のない限り天田個人の見解です。

Diamondとは?文章中のダイアモンドについて
最高の輝きを持つダイアモンドも原石は全く輝いていません。
原石を磨いて磨いて磨いて磨き続けるとあの美しいダイアモンドの輝きになる様に。
流されてしまう毎日を送る私達も、自分の中の原石を磨く毎日を送る努力と気づきと実行こそが私達の中にある一粒の光るダイアモンドになると!
ブログではこの意味を「今日もダイアモンドな貴方で」をモチーフに、皆さんの中のダイアモンドを輝かせて欲しいと願い、この言葉を投げ皆さんぜひご一緒に「今日もダイアモンドな貴方で」輝く毎日にして下さい。

 


 
表示切り替え
モバイル版パソコン版
最新記事

記事一覧
-  
画像一覧
-  

Archives
Calendar
2013,06月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
検索フォーム
ダイアモンドフレグランス日記とは?

香水に限らず、日常の中にある色々な香りに関連するメッセージを、詳しく、楽しく、面白く、皆様にお届けし、香りと共に幸せに感じて頂けたら幸いです。
写真も出来る限り、撮りに出かけ、視覚からも、文字から漂う嗅覚からの刺激も楽しんで頂きたく、香りの世界を皆様にもっともっと身近に感じ、興味を持って頂きたい、どこにもない魅力的で、時には、癒しもありの、ダイアモンドのように輝く「 Diamond フレグランス日記 」を、楽しみに何度でもご覧下さい。
どうぞよろしくお願い致します。

プロフィールプロフィール写真

皆様、はじめまして、FRAGRANCE DESIGN SCHOOL GRASSEの天田圭子でございます。
当校、FRAGRANCE DESIGN SCHOOL GRASSEは20年近く渋谷におりましたが、20周年を機に、代々木校に移転致しました。
今迄の学院の良いところはそのままにして、香りも、香りを作る皆様にも「心も香りも輝く 今日もダイアモンドなあなたで」をモットーに、前向きでアグレッシブな、学院にしていきたいと思っております。
これから新しく香りの世界の扉を開ける大勢の皆様にも、このブログをとおして身近な香りから奥深い香りの世界まで、ご興味をお持ち頂けますよう、出来る限り、写真を撮りに行き、視覚からも、文字から漂う嗅覚からも、香りの世界を楽しく堪能して頂けたら、と思います。

時には 癒されたり、時には 感動したり、時には、あなたの中の光り輝くダイアモンドに会えたりして頂けたら、本当に幸福です。
これからも、末永く宜しくお願い致します。

QRコード
QR
RSSリンクの表示